リンゴの袋がけ

リンゴの花が終わり、摘果して数を大幅に減らした後、ピンポン玉くらいの可愛いリンゴが育っています。

8171C757-3683-443E-9779-7F1CA6E9B1B8.jpeg

1C37BEEF-2E53-4A6D-99EF-4EB3BBA0021E.jpeg

リンゴ農家は秋までずーっと1週間に一度の頻度で農薬を散布して病害虫の予防をします。そうしないと傷だらけになり、出荷出来るリンゴが出来ないそう。散薬は農薬に関する高度な知識と経験が必要で素人には無理。ここのリンゴはわずかな数ですので、昔ながらの袋がけをして何とか食べられるリンゴ作りを目指します。袋は昨年まで新聞紙でやっていましたが、今年は大きめの封筒でやってみました。風や雨で破れることもあるので秋まで何とかもってほしいです。

643F1996-2877-4C71-AE0A-57DDF939FD61.jpeg

04DC41C2-6686-431C-91DC-365E006946DC.jpeg

4D85578B-674D-4F07-8CE3-F6A6C2327FAF.jpeg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント