リンゴの花

今年もリンゴの花が咲きました。津軽、フジ、世界一の3種。いずれもとっても可愛らしい素敵な花です。 一月前に伝説の品種「緋の衣」を接木をしました。枝を斜めにスパッと切って、養分をやり取りする樹皮のすぐ内側の層をぴったり合わせてテープで固定。上手くいけば間もなく葉芽が膨らみ始め、2、3年後には「緋の衣」の花を咲かせて実を付けます。 …
コメント:0

続きを読むread more

春の妖精、スプリングエフェメラル!

春の妖精、スプリングエフェメラルの紹介です。長い冬が終わって春早く、他のより大きな植物が動き出して日の光が遮られる前に大急ぎで芽を出します。そして葉を広げ、花を咲かせ、来年以降も命をつなぐための種や球根などを準備します。その後、夏前には再び地下に潜り来春まで長い眠りにつく特異な生存戦略。 まず最初に咲いたのは「まず咲く」の意味のマ…
コメント:0

続きを読むread more

暖冬異変

今年の冬、異常な暖冬少雪。ここ余市もご覧のとおり。例年、12月に何度か屋根の雪下ろしをしますが今年はわずか10センチほどで雪降ろしの必要なし。スノーシューなしで十分歩けます。小屋横の池の水面も見えます。 まるで11月の初雪の頃のようです。 地球温暖化のせい?と不安になります。今までも真冬に急に暖かくなったり雨が降ったりしてほとん…
コメント:0

続きを読むread more

池に赤ちゃん金魚

小屋の屋根からの雨水を溜めた小さな池。秋になると水が澄んできます。水温が高い時期は微生物や藻類の活動が活発で緑色に濁っていますが、水温が下がってくると微生物活動が低下してくるためです。5匹の金魚が3度の冬を超えてずーっと元気にしていますが、先日なんと3、4センチほどの赤ちゃん金魚数匹を発見。こんな小さな池ですが、様々な虫や時には野鳥…
コメント:0

続きを読むread more

ワインブドウの収穫

隣の余市エコビレッジでワインブドウの収穫をしてきました。今年、2回目の収穫です。ツヴァイゲルトレーべという人気品種。ボランティアを含めて総勢10人ほど。2日間でおよそ800キロほどを収穫出来ました。今年は大豊作のはずでしたが、10月に入って急にハイカビなどの病果が増えてこれを除くのは大変な手間。すべて手作業で一粒一粒ピンセットで取り除き…
コメント:0

続きを読むread more

りんごの収穫

5年前に植えたりんごの苗木3本。今年はご覧のとおり収穫出来ました。これは「つがる」です。 「世界一」という品種で1個600グラムもある巨大なりんご。味はあまり良くないという人もいますが、そんなことはありません。パリッとしていて、しっかりとしたりんごの味。とっても美味しいです。 あと一つ、「ふじ」という品種もあります。晩生なのでま…
コメント:0

続きを読むread more

トリカブトの花

エゾトリカブトの花が咲いています。もっと毒々しい感じかと思っていましたが、とっても大人しそうな柔らかい可憐な雰囲気です。とても全草に毒があるようには見えません。8月上旬から次々と咲いています。 周りにはオオヨモギがびっしり生えていますが、葉は一見区別がつきません。見分けるには葉の裏側。ヨモギは例外なく白い毛が密生していて白っぽく見えま…
コメント:0

続きを読むread more

コアシナガバチ!

カシスの株周りの除草中、手のひらに鋭い痛みが。ハエくらいの大きさの虫が飛び回っているのには気付いていましたがまさか刺されるとは。よく見るとカシスの枝にハチの巣が。あとで調べると「コアシナガバチ」と判明。この時は集団で攻撃されることはありませんてしたが、その後グースベリーにも同様の巣が見つかって、柄の長い鍬で巣を落としたところ即集団で攻撃…
コメント:0

続きを読むread more

オオウバユリからデンプン

オオウバユリが咲き始めました。7、8年かけてやっと花を咲かせ種をたくさんばら撒いて一生を終えます。 その昔、アイヌはオオウバユリの球根(鱗茎)からデンプンをたくさん取り、冬を越す貴重な食糧にしていたそう。先日、隣のエコビレッジでアイヌの講師を招いてデンプン取りの体験教室が開かれました。 最初に自然への感謝の祈…
コメント:0

続きを読むread more

リンゴの袋がけ

リンゴの花が終わり、摘果して数を大幅に減らした後、ピンポン玉くらいの可愛いリンゴが育っています。 リンゴ農家は秋までずーっと1週間に一度の頻度で農薬を散布して病害虫の予防をします。そうしないと傷だらけになり、出荷出来るリンゴが出来ないそう。散薬は農薬に関する高度な知識と経験が必要で素人には無理。ここのリンゴはわずか…
コメント:0

続きを読むread more

ベリー、ベリー、ベリー

いよいよベリーの季節です。ハスカップに続いてグースベリー、ラズベリー、ジューンベリーが実り始めました。 こちらはグースベリー。まもなく完熟です。 ラズベリー。二期生り性で春と秋、二度実ります。 ジューンベリー。酸味のない甘い小さな果実がたくさん実っています。 …
コメント:0

続きを読むread more

サクランボ大豊作

今年の余市、5月から6月中旬までずーっと晴天が続きほとんど雨が降らない天気が続きました。サクランボは雨が降って濡れたり湿度が上がると病害虫が蔓延したり、実が割れます。そこで栽培農家は大きなビニールハウスで雨を防ぎ、さらに通常10回以上も合成農薬を散薬します。収穫はもちろん高所での手作業です。サクランボが高価なのはこうした膨大な手間がかか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛犬ポポの思い出 ~ ペットロス

我が愛犬、ポポ(プチバセット グリフォン バンデーン)は一昨年11月に亡くなりました。14歳でした。亡くなる2週間ほど前から急にふらつくようになり時々転倒。徘徊も始まり、居間に柵を作りその中をグルグル回ったり転んだりを続けます。認知症かもと長期戦を覚悟しましたが、亡くなる当日未明、柵の中を暫く回り続けて急に大きな声でウォーン、ウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハスカップ、ベリー最初の実り

ベリー、最初の実りは例年どおりハスカップ。酸味が強いですが十分そのまま食べられます。特に疲労回復には効果的。 次はグースベリー。まだ十分熟してませんが完熟すると独特の酸味と甘味を楽しめます。あまり種が気にならないのでそのままジャムにできます。 ブルーベリー。早生から晩生までありますがあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山野草の花 ~オオハナウド、クロユリなど

ベリー園の周りにたくさんの山野草が見られます。 今、もっとも目立つのはオオハナウド。付近一帯に咲いています。 こちらはアイヌネギ(ギョウジャニンニク)の花。小さなネギ坊主のよう。 クルマバソウ。あちこちにごく普通に見られます。 ランの一種でサイハイラン。地味な花ですが独…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羊とヒヨコ、ワインブドウの芽かき

隣のエコビレッジに羊が2頭、ヒヨコが20羽やって来ました。 羊は去年と今年生まれ。せっせと草を食んでいました。この2頭でかなり広い範囲の雑草を食べてくれます。 屋外で日向ぼっこ中のヒヨコです。ピヨピヨピヨ、という鳴き声が響きます。箱の中にはヒヨコ電球があり、夜間の保温用。もう少しで鶏小屋に引っ越しの予定とか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リンゴとベリーの花 その2

リンゴの蕾が開花しました。蕾は真っ赤でしたが開くと内側は白。淡い赤と白、とっても綺麗です。 再びブルーベリー。ほとんどは白ですが赤も。花の大きさも少しずつ違います。 こちらはラズベリーの花。よく見ないと気がつかないほどとっても地味です。 ついでに近くで咲いた野草、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベリーの開花とアオダイショウとアリ

北国の春は大急ぎで過ぎていきます。ベリー類の花も一斉に咲き始めました。 先ずははグースベリー。地味な花は油断していると見逃すところでした。 こちらはハスカップ。満開です。 続いてブルーベリー。ブルーベリーは早生種から晩生種まであって、色もいろいろ。早生種が咲き始めました。これから次々と咲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山菜と毒草 ~ニリンソウとトリカブト

カタクリ、キクザキイチゲの花がそろそろ終わり、ニリンソウが咲き始めました。付近一帯に大群落を作っています。山菜としても広く知られています。 そしてこちらがトリカブト。ニリンソウにとってもよく似ています。全草に毒があり、特に根は猛毒中の猛毒。見分け方はなかなか難しいので、山菜とするにはニリンソウの白い花芽が付いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山菜シーズン

雪もほとんど消えて山菜シーズンが始まりました。 ユキザサ、またの名をアズキナ。山菜特有のアクがなく、サッと茹でて食べるのが一番。ほんのり甘い香りはなんとも言えません。果実はアズキ大の球形で初め緑色、熟すと赤色に。 こちらはヨブスマソウ。漢字で「夜衾草」。「夜衾」はムササビとかコウモリのこととか。「イカデビル」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more